ビルドマッスル マラソン

最近注目を集めている筋トレサプリの一つであるビルドマッスルHMB、

このサプリの名前にも付いているHMBが筋肉の増加に高い効果を発揮しているので、筋トレ用のサプリと思われがちです。

 

しかし、成分を見てみると最近日本中でブームのマラソンにも効果がありそうだということに気が付きました!!

 

 

ビルドマッスルの成分確認

では、そのビルドマッスルの成分のどのあたりが優れているのか?

注目すべき成分を見てみましょう

 

1、HMB

まずは、名前にもついているHMBです。

HMBは筋肉を付ける役割は勿論のこと、

筋肉の損傷を抑え、筋肉の損傷を減らすことでアスリートがよりハードにトレーニングすることが可能となり、

リカバリー(回復)も早まります。

と株式会社ヘルシーナビのHPにて書かれています。

つまり、レース後のリカバリーに役立つことが期待されます。

フルマラソンの翌日、階段を1段1段辛そうに上り下りしたことはありませんか?

いつもは下りの方が楽なのに、この時に至っては上りの方が楽に感じるというあの現象(笑)

その状況から1日でも早く救ってくれる効果が期待されるのがHMBです。

 

2、BCAA

BCAAは必須アミノ酸の一つです。

必須アミノ酸の中で、筋肉のエネルギーとなるのがBCAAなのです。

このBCAA特にマラソンの場合には重要な成分のようです。

ランニングクラブなどのランニング活動で有名なアミノバリューのHPによると

ランニングのような持久運動を行うとカラダは糖質や脂肪、血液中のBCAAをエネルギー源としますが、

それがなくなると自らの筋肉の材料となっているBCAAをエネルギー源として利用するために、

筋肉の分解を始めてしまいます。

とあります。

つまり、BCAAをレース前、レース中に補給せずに血液中にBCAAが含まれていない状況を作ると

筋肉を作るのに使われているBCAAをエネルギーとするので、マラソン中に筋肉が分解されていくのです。

ただでさえ疲労している状況で分解までされたらかなりのダメージであることは容易に想像出来ます。

そういった意味ではBCAAはマラソンに不可欠なのです。

 

3、グルタミン

グルタミンは回復系アミノ酸と言われています。

先ほどのBCAAもアミノ酸ですが、BCAAとの違いは

・BCAAはマラソン中に辛くならないために飲む

・グルタミンは辛くなってしまった時にこそ効果がある

もののようです。

グルタミンはウルトラマラソンのランナーにも愛用されていて、ウルトラランナーの方の話によれば

疲れているときに飲むと疲れがスッと抜けるような感覚のようです。

こちらにその話が載っています → グルタミンについて

30キロの壁などに当たっている方にとっては頼もしい味方となるでしょう。

 

これらの成分を同時に摂れるので、ビルドマッスルHMBはマラソンで高い効果を発揮すると言えるでしょう。

 

 

効果的な飲み方

次は効果的な飲み方ですが、ビルドマッスルは1日に4粒~8粒が目安とされています。

なので、マラソンの時に飲むなら

・レース前・・・2粒

BCAAをレース前に補給する必要があります。

BCAAは摂ってから30分ほどすると血液中のBCAA濃度が高くなるらしいので、スタート30分前が理想です。

後ろからスタートする方は20分前とかでも良いかもしれません。

 

・レース中・・・4粒

レース中はBCAAとグルタミンを目当てに補給します。

BCAAの補給に序盤に2粒、終盤のしんどい時間帯にグルタミン補給で2粒と言った感じが理想的ではないでしょうか?

ビルドマッスルは錠剤タイプのサプリメントなので、マラソン時は持ち運びしやすいのも強みですね。

 

・レース後・・・2粒

これはHMBを補給して筋肉痛を防ぐためのリカバリーです。

 

・翌日・・・4粒

レース後に飲んでいてもある程度の筋肉痛は残るでしょう。

なので、リカバリーのために飲むと良いでしょう。

 

 

まとめ

ビルドマッスルですが、マラソンに効果を発揮する成分が多く含まれていることだけでなく、

錠剤タイプなので、飲みやすく持ち運びも便利という面も持ち合わせています。

ただ、1袋には1月分含まれているので、普段の練習から飲みたいという方でないとおすすめは出来ません。

反対に、普段から飲みたいという方は練習の中で効果を実感していただけるので、

レース本番のどのタイミングで飲むかのシミュレーションがしやすいでしょう。

 

効果があるか不安な方のために、90日間の全額返金保証が付いています。

パッケージや明細書を捨てずに残すことで返金手続きが出来るので、

損をせずに効果を知りたい方は試してみても良いかもしれません。

こちら ⇊