マッスルエレメンツ

HMBとクレアチンの違い

HMBとクレアチン、どちらも筋肉アップのためには必要なものになります。

この二つの違いは何か?

まず、二つの特徴を挙げてみます。

 

HMB

HMBは、筋肉を大きくして、運動能力を高めることが知られている食品素材で、ボディービルダーやパワー(強度)系アスリート、そして最近では一般のアスリート向けのサプリメントにも広く使用されております。

 

効果・効能

除脂肪体重と強度を高める。

HMB は、筋肉をつくるタンパク質合成の増大と筋肉分解防止の両方に効果があることが明らかにされています。

その結果、除脂肪量が増大し、筋力が高まります。

HMB カルシウム塩を 1日当り 3グラム摂取することで、筋肉量を高め強度を増すことが示されています。

これらの効果はトレーニングをしているかどうかに関わらず、また男女双方に効果が示されております。

 

クレアチン

クレアチンを摂取すると、大部分は筋肉に貯えられ、クレアチンは運動時、筋肉に瞬時に大きなエネルギーを供給し続けるために働きます。

筋肉でエネルギーが効率よく使われること、消費されたエネルギーを補給し続けることがクレアチンの大きな作用です。

1996 年夏のアトランタオリンピックでは、参加選手の 80 % がクレアチンを使用していたと言われています。

また、クレアチンは筋肉だけでなく、脳およぴ神経細胞にも多く貯蔵されており、

そのエネルギー代謝改善効果から脳や記憶能力の改善につながると言われています。

 

 

効果・効能

•筋肉が付きやすくなり、基礎代謝が上がる

•負荷の高いトレーニングに耐えられるよになる

•エネルギーが長時間持続可能に

•運動中の筋肉疲労の緩和

•筋肉疲労回復のスピードアップ

・脳や記憶能力の改善

 

こうして、違いを見てみると

HMBは筋肉を大きくすることに適しているもの。

クレアチンは筋肉にエネルギーを供給して、長時間継続可能にするために必要なもの

であることが分かります。

 

また、クレアチンと HMB はそれぞれが別の作用メカニズムを持っている為、

これらを単独で摂取するよりも両方摂取した方が、高い効果が得られます。

 

では、手軽に両方摂取するにはどうすれば良いか?

これは一番おススメなのはサプリメントです。

 

理由としては

HMBは筋肉量を高め強度を増すことためには1日3グラム必要と言われています。

しかし、通常食事から摂取できる量は1日数ミリグラム程度なので、食事だけで補うのは現実的とは言えません。。

また、プロテインなどで補おうとしても1日約20杯程度の量が必要になってしまいます。

 

クレアチンは、1日に必要な量は5グラムと言われています。

これは食事で例えると、牛肉1キロ分になります。

これもとても現実的な量とは言えません。

 

一方サプリメントだとどうか?

こちらのサプリメントだと、1日6粒程度で1日に必要なHMBとクレアチンを摂取することが出来ます。

しかもサプリメントなので、カロリーは1日当たり約4.4キロカロリー程度です。

 

初回限定で90日間の全額返金保証がついていますので、興味のある方は試してみてください。

 

こちら ⇊