HMB 国産

今、話題になっているHMBサプリに含まれているHMBはアメリカなどの外国産のものが非常に多いようです。

しかし、HMBも話題になってから何年も経っているからか、近年では国産のものも登場しています。

 

国産のものの性能は外国産のものと比べて何が違うのか?

一番の違いは外国産のHMBは不純物が多く、せっかくのトレーニング効果が半減してしまうのだそうです。

一方の国産のものは不純物が含まれておらず、HMBの摂取効率が良いと言われています。

 

では、国産のHMBが使われているサプリはどのようなものか?

それがこちらです。

 

 

こちらは国産のHMBが使用されているため、不純物が含まれていません。

それだけでなく、こちらにはクレアチンも含まれているのが大きな特徴です。

 

 

クレアチンとは何か?

クレアチンはたんぱく質の1種で、筋トレ時にガソリンのような役割を果たすものと言われています。

クレアチンを飲むことで激しいトレーニングに耐えることが出来、結果的にトレーニング効果を高めることが期待できます。

例えると、ベンチプレスで5回しかできない負荷でもクレアチンを飲むことで7回出来るようになり、トレーニング効果が増す。

といった効果があるのがクレアチンです。

 

こちらのサプリはHMBだけでなく、そのクレアチンも摂ることが出来るのです。

 

また、他にも11種類のビタミンと18種類のアミノ酸が含まれているため、健康不足を補うことも期待できます。

この中でもおすすめなのはアルギニンです。

 

 

アルギニンとは何か?

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促します。

成長ホルモンが分泌されると骨や筋肉の成長につながります。

もともと筋トレ後は成長ホルモンが分泌されるものですが、アルギニンが分泌を更に活発にしてくれることが期待できます。

 

アルギニンは子どもの背を伸ばすためのサプリにも含まれているものが多いので、それだけで良いものであることがうかがえます。

 

 

1日の摂取量

1日の摂取目安量は6粒~12粒となっています。

コップ1杯のお水とともに召し上がることが出来ます。

この量のHMBやクレアチンを食事で摂ろうとすると、

HMBはプロテイン20杯、クレアチンはステーキ10皿分食べなければならないので、いかに効率が良いかが分かると思います。

 

 

まとめ

・国産のHMBが使われているサプリは不純物が少ない。

・他にもクレアチンが含まれていて、トレーニング内容をより効果的なものに出来る

・アルギニンが含まれているため、成長ホルモンの分泌が活発になる

・上記の3要素により、高いトレーニング効果が期待できる。

 

また、90日間の全額返金保証が付いているので安心して試すことが出来ます!

筋トレをしているけど満足のいく成果を出せていない方、筋トレをしたいけどきっかけが欲しい方などには

おすすめと言えるのではないでしょうか?