HMB 効果 マラソン

筋肉を増やすのに効果的と言われるHMB、筋トレのような無酸素運動だけでなく

マラソンのような有酸素運動でも効果的な使い道はないのか?

そんな風に思っていたので、マラソンの場合はどのような使い道があるのかをいろいろ調べてみました。

 

その前に、なぜマラソンで?

ということを考えるようになったのか?

それは、最近HMB入りのドリンクが出ているということを知ったからなんです!

東京マラソンのエキスポ等に参加されたことのある方はご存知かもしれませんが。

 

HMBのサプリメントは食事で摂るのが困難な量を手軽に摂れる優良なサプリなので、

筋トレ以外の運動で活かせたら心強いですよね!

というわけで活用方法を考えてみました。

 

まず、HMBの効果を考えてみると

筋肉を大きくして運動能力を高める、ということの他に、

筋肉の回復を早める

ということが可能になるそうです。

 

と、なると

レース後に飲むことで、筋肉の回復を早める

ということが期待できます。

 

 

筋肉の回復を早めればレース翌日以後の筋肉痛も軽くなったり、回復も早くなるはずです。

特にレース後は気持ち悪くて食物を胃が受け付けない状態の時もありますから、

吸収の良いレース後にはサプリメントでHMBを補給することをおススメします。

 

 

そのほかのHMBサプリの活用方法

今のはHMBの活用方法になるわけですが、HMBサプリにはBCAA

含まれているものが多いことをご存知ですか?

 

BCAAは筋肉のエネルギー源となり、ランニング前、レース前に飲むことで

ランニングやレース中の筋肉の分解を防いでくれます。

 

筋肉の分解は筋肉疲労の原因の一つなので、フルマラソンで30キロ、35キロの

壁にぶつかったことがある方の中にはBCAA切れで筋肉分解を起こしている方も

多いのではないかと思います。

 

また、最近はグルタミンも含まれているHMBサプリも多く登場しています。

グルタミンを摂るとどうなるのか?

グルタミンは回復系アミノ酸と言われており、疲れに効くと言われています。

特にウルトラマラソンのランナーとして有名な岩本能史さんもこのように話されています。

 

「僕がウルトラマラソンを始めたのは15年前のことでした。
人生で初めてフルマラソン以上の55kmを走った時、BCAAサプリを摂ったらすごく効いたんです。僕は驚くと
同時に、一つの疑問を持ちました。BCAAが筋肉の疲労回復や再構築を促すのは分かっていましたが、
走っている最中にこんなに劇的に効くはずがない、と思ったんですね。そこで、そのBCAAサプリに含まれていたBCAA以外の構成要素(ビタミン、ミネラルを除く)を一つ一つ原末で摂り寄せて実験したんです。
例えばアルギニンを摂って50km走る。次は他のアミノ酸。そうして行き着いたのがL-グルタミン
でした。なるほど、「正体」はこれなんだなと。そこからずっと、L-グルタミンを使ってきました。」

RUNNETSHOPより引用 https://runnet.jp/shop/special/koreyoka/2039098_1704.html

 

このようにウルトラマラソンのランナーさんにも愛用されていることから、

効果が高いことがうかがえます。

そんな、HMB、BCAA、グルタミンを全て摂ることが出来るサプリがあります。

それがビルドマッスルHMBです。

 

ビルドマッスルHMBは本来は筋トレ用のサプリではあるのですが

BCAA、グルタミン、HMBとマラソンに役立つ成分が含まれているサプリなので、

マラソンでの効果も期待できます。

レース前、レース中、レース後とそれぞれに期待が出来ます。

しかも、サプリメントなので、吸収されるのが早いという利点があります。

 

唯一の弱点はサプリメントで少し大きめなので、お水が無いと飲めないところですが

最近のマラソン大会は給水所も多いので1度の給水で1~2粒程度なら簡単に

飲めます。

 

トクトクコースなら90日間の返金保証も受け付けていますので、

効果があるのかを試して、ダメなら返金すれば良いので、

まずはLSDなどのロング走の時に携帯してみてはいかがでしょうか?

こちら ⇊