HMB 飲み方 プロテイン

現在話題のHMBサプリ、広告によってはプロテインの20倍もの効果があると言われています。

プロテインよりも、ということはプロテインの代わりに飲むのが正しい飲み方、という解釈になりそうですが、

プロテインと併用するって飲み方はどうなのか?

そんなことも気になる方もいるのではないでしょうか?

というか、私がそう思った一人なのですが(笑)

 

今回はHMBサプリとプロテインを併用するにはどのようにするのが良いかを考えてみました!

 

 

HMBとプロテインは併用して飲んで大丈夫?

これに関しては全く問題ないでしょう。

HMBサプリはHMBが多く含まれている錠剤タイプのサプリメントです。

ドラッグストアで売っているようなビタミンの錠剤などと種類的には同じ食品です。

 

一方のプロテインも性質的には栄養補助のための食品です。

筋肉を付けるのに良いと聞くとどうしても増強剤の類と疑ってしまう方もいますが

HMBサプリやプロテインは飲むだけでは筋肉は付きませんので、増強剤ではありません。

私も高校生のころはプロテインが増強剤の1種だと勝手に思い込んでいましたが。

 

同じ食品でありますし、HMBサプリの良いところ、プロテインの良いところとそれぞれありますので

併用しても問題ないどころか、一緒に飲むことでトレーニング効果が向上するのではないかと思われます。

 

 

HMBサプリの良いところ

これは純粋に食事やプロテインで摂りにくく、筋肉を付けるのに高い効果を発揮するHMBを手軽に摂れるところです。

1日4粒~8粒でプロテイン20杯分のHMBを摂れるので、

錠剤4~8粒+コップ1杯のお水で筋肉を付けるための栄養素を摂れるのです。

プロテイン20杯だと1日に水か牛乳を6リットルから10リットルも飲まないといけないのでいかに効率が良いか

お分かりいただけるかと思います。

 

 

プロテインの良いところ

プロテインの良いところはHMBの量こそサプリには負けますが、その他の成分がサプリよりも多く摂ることが出来ます。

例えばクエン酸やグルタミンといった疲労回復に効果を発揮するもの。

カルシウムやマグネシウムといった骨を作るうえで大事なものなど。

その、数ある成分の中でも個人的にはアルギニンを摂れるのが大きいのではないかと思います。

 

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促します。

成長ホルモンが分泌されることで筋肉や骨が成長していくわけです。

そういう意味では成長ホルモンの分泌を促すアルギニンはトレーニング効果を向上させるのに大事なわけです。

 

HMBはトレーニング直後の筋肉の修復のために使われ、筋肉アップに高い効果を発揮します。

アルギニンは筋肉アップの時に促される成長ホルモンを分泌を促してくれます。

どちらも違った面でトレーニング効果の向上を促してくれるわけですね。

 

ただ、プロテインは種類によって成分が異なるので、摂りたい成分が含まれているものを購入するようにしましょう。

 

 

飲むタイミング

HMBサプリはトレーニングでダメージを受けた筋肉にすぐに届くようにトレーニング前に飲むのが理想と言われています。

また、HMBサプリに付いている案内にもトレーニング30分~1時間前に飲むのがおすすめと書かれていましたので、

そのくらいのタイミングで飲むと良いでしょう。

 

プロテインの場合だとトレーニング前に飲むと、胃がもたれてしまう可能性があります。

そういった意味ではトレーニング直後が良いのではないでしょうか?

ただ、先ほど挙げたアルギニンを目的に飲む場合だと、トレーニング中の成長ホルモンの分泌を狙いたいところですので、

トレーニング1時間前位に飲みたいところです。

それか、寝ているときにも成長ホルモンは分泌されますので、就寝前にアルギニン入りのプロテインを飲んで

成長ホルモンの更なる分泌を促すのも効率の良い摂り方だと思われます。

 

 

まとめ

HMBサプリとプロテインは同じ食品であり、それぞれに含まれている成分が異なるので、

トレーニング効果の向上のためには併用するのは大丈夫どころか、おすすめと言えるのではないでしょうか?